> スポンサー広告 > マユ安らかに > 多摩動物公園 ユキヒョウ > マユ安らかに

最新記事

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。

スポンサーサイト

--/--/--(--) --:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ブログランキングに参加しています。気に入って頂ければ パチリ☆と1日1クリックお願いします.
人気ブログランキングへ

Category:スポンサー広告

comment×  trackback×

マユ安らかに

2012/09/15(Sat) 00:00

ショッキングなニュースです
マユが事故で亡くなりました。詳細はこちらで確認ください
F4243444.jpg
多摩のユキヒョウ舎だけの問題ではなく、動物園全体で起こりうると関係者は認識しているでしょうか?
直接の原因は不注意なのでしょうが、それで済ませてしまっていてはいけません。
根本的な原因を検証しなければ意味がありません。
例えば扉の設計要件から「安全性」という観点が抜けていたのではないでしょうか?
 ・頭蓋骨が骨折するほどの油圧は必要だったのでしょうか。電車の扉に挟まれて骨折しますか?
 ・フェイルセーフを考えていなかったのか。エレベーターの扉は検知して開きますよね?
この事故を見て森タワーの回転ドアの事故を思い出しました。
森タワーの場合徹底的に検証が行われ、それを受けて対策が施されました
このように、重要なのは失敗に学び、2度と同じ失敗を繰り返さないこと。
設備をすぐに変えられないなら、複数人で収容作業を行うなど運用面で回避してください。
そうでないとマユが浮かばれません
ーーーー
追記
こちらのニュースにやや詳しい内容が書かれています
これを見ると少しは状況が理解できます。
扉の内側から子供たちがぴーよと鳴き、それに反応したマユが突進し事故が起きたようです。
この時期になるとユキヒョウの子供たちが鳴くことは滅多にありません。また、マユが子供たちの声に反応して猛ダッシュしたことは、これまで私が見ている中では1度もなかったことです。それほど予想外の行動だったと思います。
以下は推測なのでご注意を。
飼育員の方は、先に入った3つ子達が急に外に飛び出して挟まれないように、扉の方を見て集中していたのでしょう。子供たちが安全なタイミングを見計らって扉を一気に降ろし始めたのかもしれません。扉に集中していたところに予想外にマユが走って来たので、わかったときには遅かったのでしょう。人間の反応速度では無理だったのかもしれません。
そうなるとやはりフェイルセーフが必要なのかなぁと感じます。

関連記事

ブログランキングに参加しています。気に入って頂ければ パチリ☆と1日1クリックお願いします.
人気ブログランキングへ

テーマ:動物の写真 ジャンル:写真

Tag:多摩動物公園 ユキヒョウ マユ 

Category:多摩動物公園 ユキヒョウ

comment×  trackback(0


▲このページのトップへ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。